福岡県人会: About us

シアトル-タコマ福岡県人会

シアトル-タコマ福岡県人会は世界の福岡県人会の中でも歴史が古いほうで、1907年に当時の移民の方々が中心となって、故郷、福岡県出身者の親睦会として設立されました。今年は創立から107年目になります。

 

現在会員75余名とその家族が色々な楽しい県人会主催のイベントに定期的に年に数回集まります:敬老会を兼ねた新年親睦会、他の県人会などと合同のファミリーピクニック、バス旅行、本格的な餅つき大会、等々。

 

シアトル-タコマ福岡県人会では新会員を募集しています。アメリカ産まれの子供たちには故郷福岡と生活の地アメリカのことを知っている大人と触れ合うことができ、子育てに励む家族には他のメンバーからのアドバイスや協力が得られる、子育てに最適な会です。

 

世界の福岡県人会

Seattle-Tacoma Fukuoka Kenjinkai

Seattle-Tacoma Fukuoka Kenjinkai has a rather long history.  It was established in 1907 as a social gathering place by the Japanese immigrants from Fukuoka Prefecture.

 

Our 75+ members and their families get together a few times a year:  New Year's party, family picnics, bus tours, Mochitsuki, etc.

 

We are always welcoming new members.  It is a great place to raise our children because the kids can interact with the adults who know both Japanese and American cultures and the young parents can get great advise and help from the older members.

 

Fukuoka Kenjinkai in the world


福岡県からの最初の海外移住は、今から120年以上も前の1885年に、ハワイへ129名が移住したことに始まりました。1900年代に入ると、移住先はハワイから米国本土やカナダ、メキシコに広がり、さらにペルー、ブラジルなどの南米に移りました。戦後には、ブラジルのアマゾン河流域、パラグアイ,ボリビアなどへ移住が始まりました。福岡県からの移住人数は全国で4番目に多く、約5万6千人に達しています。

 

海外には福岡出身の移住者で組織される北米・中南米の県人会や、企業の海外駐在員等で組織されるアジア・欧州の県人会など、37の福岡県人会があります。詳しくは、福岡県国際交流センターにある海外の福岡県人会のページをご覧ください。

The very first 129 immigrants from Fukuoka left for Hawaii in 1885.  In the 1900s, the immigrants started to leave for North America, Canada and Mexico, Peru, and Brazil as well.  After World War II, immigrants from Fukuoka migrated even further to the Amazons, Paraguay, and Bolivia.  As many as 56,000 people have migrated from Fukuoka, the 4th largest group from Japan.

 

We have 37 Fukuoka Kenjinkai (Fukuoka Prefecture Citizens Association) in the world.  If you are intersted in more about the Kenjinkai, please take a look at Fukuoka International Exchange Foundation.




海外福岡県人会世界大会

Worldwide Fukuoka Kenjinkai Convention


海外福岡県人会世界大会は、1990年に開催された“とびうめ国体”に各海外福岡県人会が招待された際、県人会同士の交流の場を設けることが提唱されたことを契機に、1992年にロサンゼルスで第一回大会が開催されました。以降、3年に一度開催され、昨年2013年10月にふるさとの福岡にて第8回海外福岡県人会世界大会が開催されました。その様子や、過去の県人会については福岡国際交流センターの世界大会のページをご覧ください。はかま姿の玉井会長や歌を披露するティセン信子さんが載ってます。

In 1990, the idea of meeting all the Fukuoka Kenjinkai in the world was suggested during the "Tobiume National Athletic Meeting" and the very first Worldwide Fukuoka Kenjinkai Convention was held in 1992 in Los Angeles.  Since then, the Worldwide Fukuoka Kenjinkai Convention is held every three years and the last convention took place in our hometown in Fukuoka in October 2013.  You can find the reports from the previous conventions on the Fukuoka Interntaional Exchange Foundation page.